POST RÉCENTS : 

ME SUIVRE : 

2015 DINER SUR LE CANAL


MIHO

( with CHiYO and SAE )

OCT 9-20/2014

@ Canal,10ku: Francois

マークと初めて会った日から、早や9年という月日が経過しようとしています。

マークには、8年前に16区のCaro5、去年は11区のVeroさん宅のHouse stay、それに今回、10区のFrancoisの部屋を借りました。

私は現在グアムに在住しているのですが、距離有るマークとのやりとりもネットを駆使して迅速に対応してくれるため、何事も心配無く常に物件の予約を進めてくれる事が、彼との取引上最大のメリットだと感じています。

今回は急にパリ一人旅を決めたため予約が渡仏の直前になってしまったのですが、急な依頼にも関わらず滞在可能な物件を四件程提示してくれ、その中から利便性の良い、10区のフランソワの物件を予約しました。

現地では遅い時間にも関わらず、マーク本人がアパルトマンまで来てくれててのチェックイン。

鍵の開け方や洗濯機の使い方等を直接教えてもらいました。

また、一人入居で予約したにも関わらず、急遽2名の友だちがアメリカ本土から滞在する事になり、チェックイン当日にマークにその旨を伝えたところ、この物件は3人までは同時滞在可能なので全く問題無いと笑顔で了承してくれました。

また今回、片道チケットでパリ入りしたため、本来予定していた帰国便が満席で乗る事が出来ず、滞在中に2泊延泊せざるを得ないハプニングにも見舞われましたが、その要望にも彼は笑顔で応えてくれた上、もし2泊延泊して次の便にも乗れ無かったら、大家のフランソワに連絡するからまたアパルトマンまで戻ってこれるように手配しておく。心配無いように!とも言ってくれました。

こんな事、他では絶対にありえません。マークだから何でも臨機応変にアジャストしてくれるのです!

部屋については、最高に良かったです!セキュリティーも万全。沢山の線が出入りしているリパブリック駅まで徒歩5分。スーパーは部屋と同じ建物の反対側路面に有り、徒歩1分。何を頼んでも美味しいLA MARINEというお店まで徒歩2分。

また何年前かに、パリで一番美味しいバゲットと賞賛されたデジデのパン屋さんまでもが徒歩3分。

毎朝、焼き立てのバゲットやクロワッサンを頬張れることが出来るのも幸せ!

水まわりについては、動画ではバスタブ無し、シャワーのみとなっていますが、既にハーフサイズのバスタブが設置されており、広くは無いですが半身浴が可能でした。

また過去に借りた物件は、パリによく有りがちな、一日に使えるお湯の供給量が決まっていたり、水圧が日本に比べて弱めだったりしましたが、この部屋では全くストレス無く勢いの良いシャワーが使え、お湯も残量を気にせず使えたのがとても快適でした!

ただ一点言うならば、iPhoneを部屋内Wi-Fi下で使う際に接続が不安定で、Wi-Fiを拾うのにだけは日々苦戦し、その旨をマークに相談しました。私の感想では、リビングのダイニングテーブル、茶色いソファーベッドの壁に近づく程Wi-Fiが拾い易かったので参考にしてください。

私は帰りの便を予約しなければならなかったので、強力なWi-Fi電波が必要な時だけ河向こうのLA MARINEでコーヒーを頼み、Wi-Fiを拾いました。

尚、部屋内でもLINE使用は問題なし。Facebookは画像をアップロードするのが時折出来なかったので、参考にして下さい。

長くなりましたが、最後に。

私は今回、このフランソワの物件に決めて本当に良かったです!

パリは今回で5度目の訪問でしたが、また次回もこの部屋を借りたいと強く思いました。

しかし、どちらかと言えば自立心の強い方向けです。大家のフランソワはとても多忙な方なので、もし常に大家さんの助けが必要な方は、他の物件でも良いと思います。

パリで暮らすように過ごす日々。

そんな物件をお探しの方には、こちらの部屋を強くお勧めします。

今回もマークに頼んで本当に良かった!マーク、いつも色々我儘聞いてくれてありがとうね。心から感謝しています!

また次回も、必ずマークに部屋を借りたいと思うのはもう言うまでもないでしょう。

Merci, Marc and Francois!

Best regards,

MIHO from Guam

==

MIHO and DELTA FLY GIRLS

-19ku Vero's house stay- Nov/1-12/2013

6年振りのパリ訪問!

私は6年前もマークに16区のSTUDIO”Caro5”を借りた事があり、今回も安心して彼に物件をお願いしました。

今回は前回と違い、友人数名での滞在だったのですが、19区のVeroさん宅にHouse Stayという形で引き受けて戴く事が出来、マークからの指示通り空港から直接タクシーでVeroさん宅へ向かいました。

空港からVeroさん宅まで約45ユーロ。メトロ11番線のテレグラフ駅でタクシーを降り、徒歩1分!という立地の良い場所に在りながらも、Veroさん宅はセキュリティーがとてもしっかりしているので外部からの侵入は極めて難しいと思います。

そんな安全な場所に広がるプライヴェート空間は、敷地内に本宅と別宅の2棟展開。奇麗なお庭に薔薇の花やラズベリーの果実もあったりと、それはそれは素敵な空間です。

私たちは本宅にステイをさせて戴いたのですが、別宅もあり、既に日本人女性2名が入居されていました。困った事や分からない点は滞在の先輩である彼女たちに聞いて問題を解決する事が出来たりと、心強い存在でもありました。

Veroさんの本宅は、マーク作成の動画や画像を観て大体は想像がついたのですが、実際のお宅はそれ以上に素敵で、ラグジュアリー感溢れるパリらしいお宅で感激!

部屋以外にキッチンやバスルームも使わせていただいたのですが、センスが伺われる高価な食器やカトラリーがズラリで感動!

キッキンには食洗器も有るので、面倒な洗い物もボタン一つで楽々。

洗濯機も、使い方のメモが貼ってあるので、慣れればすぐに使いこなせます。

バスルームは、フランスの水事情を御存知ならお分かりかと思いますが、一度に供給されるお湯の量が決まっているため、最低量だけを使うようにし、またバスタブにお湯を溜める事は遠慮しました。

私たちは仏語が話せなかったのですが、Veroさん、お嬢さんで高校生のLeaちゃんも英語が堪能な方なので、何不自由なく英語でコミュニケーションが取り合えて良かったです。

Veroさんは時折、郊外の別宅へ行かれる事が多かったのですが、Leaちゃんは学校が有るため、VeroさんよりもLeaちゃんと交流する時間が私たちの場合は多かったです。

留守時はお互いに英語でのメモを交わし、意思の疎通だけは大切にしていました。互いを思いやる事、ご家族の方々を敬う事がHouse Stayでは大切ですね。

買い物面では、週に2〜3日程、お宅から徒歩1分のテレグラフ駅界隈にマルシェが立ち、新鮮な野菜や果物、チーズ、お惣菜を買う事が出来ます。

また徒歩30秒の場所には小さなスーパーがあり、生活に必要な物はそこで何でも揃います。徒歩10分圏内には大手スーパーのMONOPRIXやFranprixが有るし、パン屋さんも何軒も有るのでとても生活しやすかったです。

ネットやパリ在住の日本人の友だちが言うには「19区は治安が悪い」…内心どうなんだろう?と心配していましたが、12日滞在して居て私たち以外の日本人に会う事は全く無かったです。人の捉え方にもよりますが、私は実際にVeroさん宅のある19区は観光客が行き交う街では無く、全く飾らない素顔のパリ市民の生活が感じられる、そんな気さくで住みやすい場所でした。何よりもVeroさん宅は本当に駅近!怖い目になど一度も遭う時間と場所が有りませんでした。

帰国日…。

別れ際にも快く送り出してくれたVeroさんとLeaちゃん。

日本に帰国して御礼メールを!と思っていた矢先、Veroさんからの着信メールが。

「大丈夫?無事に帰国出来たかしら?またパリに来る事があればいつでもうちに泊まりに来てね!いつでも大歓迎よ。Vero and Lea」という内容でした。

これだけでもお二人のお人柄が分かりますよね!

また何年後かにパリを訪問する際にも是非!Veroさん宅のHouse Stayをお願いしようと友人たちと笑顔で話し合いながら帰国の途に着きました。

何よりも、Veroさん宅でのステイを紹介してくれたMarcに感謝しています。

Marc、また次Parisに行く時もどうぞ宜しくね!いつも本当に有難う。

Merci !!

MIHO and DELTA FLY GIRLS

==


  • YouTube - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Pinterest - Grey Circle
  • Facebook Clean Grey
  • Instagram Clean Grey